FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

フォーラム二日目、そして帰国

2019年09月19日
9月15日(日)
フォーラム二日目。昨日とは別の大講義室を会場に、分組論壇と称する個別の発表があった。サラオ教授の"Silk Road, Arabs and Buddhism in Early Medieval Western India"、胡教授の「4-5世紀印度仏教僧侶的南海航行」を始め興味深い発表が続いた。
学内でのランチの後、図書館見学があった。新しい設備の整った図書館で、利用者サービスも行き届いていることが感じられた。
IMG_3983_convert_20190920084916.jpgIMG_3972_convert_20190920084941.jpg
*デザイン感覚あふれる図書館内部。さまざまな学び方ができるように工夫されている。

午後のセッションが終わるとフォーラムも終幕である。場所を変えて、関係者だけの打ち上げの晩餐会が開かれた。三日連続で、こちらはありがたいばかりだが、学愚先生とそのスタッフのこの間の労力は心身ともに大変なものだったと思う。スタッフは若い女性ばかりで、聞いてみると中文大学の卒業生である。本当にお世話になりました。最後はやっぱり白酒の乾杯になり、私も自分を抑えつつ何杯か飲み干した。多少酔いを感じたが、それはとても心地よいものであった。

9月16日(月)
10時半にホテルに車が来て、空港まで送ってもらった。韓国東国大学の朴先生と一緒だった。朴先生は中国と台湾で8年勉強した人で、発表は慧超の『往五天竺国伝』についてであった。
朴先生とはチェックイン前に別れ、早めに出国手続きをして、ランチを挟んで免税店でお土産を物色した。旅費の精算などで財布に香港ドルが溜まっていたが、次にいつ香港に来られるか分からないので、お土産を買った残りは、手数料が高いのを我慢して、全部日本円に換えてしまった。

3時20分発予定のANA機は、整備の都合で1時間遅れで出発。ワインなどたしなんでいるうちに関空に着いた。







フィールドワークの記録 | トラックバック(0)