FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

東京3泊4日

2019年08月31日
8月29日(木)
科研費による調査で東京に向かった。品川で下りると、空気が熱い。この日の東京は、確実に大阪より暑かった。
渋谷で中華の昼食を取り、乗り換えて現場に向かう。暑さに加えて荷物の重さに大汗をかく。道を尋ね尋ねようやくたどり着くと、他の人々はすでに到着していた。それから夕方まで作業を行うと、所蔵者のご厚意で夕食が用意された。打ち合わせも兼ねてのことではあるが、恐縮の極みだった。この日の宿はこの前と同じ御茶ノ水のガーデンパレスだった。

8月30日(金)
小雨。
この日も道を間違えそうになりながら、何とか約束の9時に現場に到着すると、もうみんな用意ができていた。それから昼食を挟んで夕方まで確認作業を行う。次々に貴重な資料が現れるが、じっくり見ている余裕はない。とにかく全体像を把握することが今回の目的だ。4時半頃、一応最後まで作業が終わり、説明と御礼を述べて引き上げる。バスで渋谷駅まで出て解散。これからの2泊は飯田橋のホテルである。近くのインド料理屋に入り、タンドリチキンを肴に喉を潤した後、チェックインしてすぐに就寝した。

8月31日(土)
この日からは用務が日本佛教学会学術大会に切り替わる。早起きして香港学会用の原稿を直し、それから会場校の東洋大学に向かった。飯田橋から東洋大学までは、大江戸線で一駅で春日、春日で三田線に乗り換えて、これまた一駅で白山、白山からはものの5分で到着という便利さである。
第1セッション後の休憩時間に会場に入ったが、その席は偶然にもN先生の隣だった。N先生とは、この間の宗教倫理学会でお目にかかったばかりである。
昼食を兼ねた理事会の後、私はいちどホテルに戻った。学内に飛んでいるwi-fiが急には使えそうもないことが分かったためだ。香港の事務局からは、今日中にペーパーを送るように言われている。近いと言っても、ドアツードアで30分はかかる。無事送信して会場に戻ったら、すでに総会が終わり、みなさん懇親会場になだれ込もうとしていた。

懇親会にO君がいたので、なかなか奇特だと褒めたら、懇親会にもまめに顔を出し、いろいろな人と情報交換するのも勉強だと言ったのは先生じゃないですか、と逆襲された。すっかり忘れていたが、これは嘘じゃない。
同じ会場で、N先生(上記のN先生とは別人)に、○○を見せてもらいたいんですけど、と持ちかけたら、いいですよ、今度手続きを聞いておきましょう、と。昔からの友は、これだから有り難い。

9月1日(日)
実は重たい懸案を二つも抱えたまま私は東京に来た。それが昨日の電話1本、メール1通で解決に向かった。まあ、とにかく、迷ったらやってみるものである。

この日も第2セッションから参加。午後のセッションで興味深い推測を述べた発表者がいたので、質問させてもらったが、あとで同じセッションで発表したM先生に、「どうして僕には突っ込みを入れてくれなかったんですか」と言われた。
いや、そりゃあ、仲間割れのような印象を他人に与えないように控えたのだが・・・質問には結構気を遣うものである。
学術大会終了後、長女の家に行き、近くのレストランで夕食を共にした。それから山手線経由で東京駅に行き、新幹線に乗った。帰宅したのは、日付が変わる頃だった。



ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)