FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

みちのく二人旅

2019年08月17日

このお盆は久しぶりで山形に帰った。長女が一家して(二匹の犬まで連れて)S市に行くついでに、山形に寄って母に孫を見せたいというので、こちらも重い腰を上げたのである。家内は都合で行けず、次女はこの機に旅行してやろうともくろんでいる。いきおい、私は次女の付き人兼案内人兼写真係となった。


8月12日午後、御山を下り、家で旅装を整えて、夕方から東京に向かう。山形新幹線の切符が13日10時53分発しか取れなかった。窓口で切符を受け取る手間を考えると、当日堺発では到底間に合わない。そこで東京前泊と相成った。ホテルは御茶ノ水のガーデンパレス。東京駅までは至便だし、私は私学共済から割引券をもらっていたので安く泊まることができた。


8月13日10時過ぎに東北新幹線の乗り換え口で次女と落ち合い、東北に向かう。昼食は東京駅で買った駅弁ですませる。午後1時半、山形駅着。駅前のレンタカー店で予約のカローラアクシオを借りて実家に行く。実家は駅から車で10分程度。山形は東京より暑かった。夕方から久しぶりで兄とビールを飲んだ。


8月14日、午前11時過ぎに長女一家が着き、孫と母(孫から見れば曾祖母)との対面が実現した。3カ月ぶりに会った孫はずっしり重くなっていた。近頃はつかまり立ちをしようとしているらしい。赤ん坊はすごい。それから皆で菩提寺に墓参りにでかけた。


終わって長女一家は次の目的地へ。私と次女は蔵王に向かった。当初実家には二晩泊まる予定だったが、急きょ蔵王温泉に宿を取ったのである。次女は旅行好きだが、山形にそう何度も来る訳ではない。せっかくの機会である。

驚いたことに、西蔵王高原の道路を使うと、市内から蔵王温泉までは30分ほどであった。まずはお釜(蔵王の火口湖)を見ておきたい、という訳で、エコーラインを上って刈田岳を目指した。ところがあいにくガスがかかっていてお釜はまったく見えない。刈田嶽神社をお参りして温泉に戻った。

IMG_3491_convert_20190817113731.jpg

*左お釜、右五色岳。雄大な景色を想像しよう。


予約した宿を探すのは多少の時間を要した。2回電話をかけ、ようやくたどり着いたそこは、温泉街では一番上流にある大露天風呂の近くであった。外観も内装も純然たるスキー客用のロッジである。内風呂はなく、チケットをもらって外湯に入る仕組みだという。まあ、当日の予約だし、外湯回りも悪くない。



ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)