FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

エローラから帰国へ

2019年02月12日

1月14日(月)

朝、ホテルをチェックアウトして荷物をバスに積み、エローラ石窟群の見学に出かけた。今日のガイドは地元のMさんである。エローラはアウランガーバードの近郊にあって、バスでも40分ほどで行ける。ここもアジャンターと同じで、かいつまめば2時間だが、念入りに見てゆけば2日あっても足らない。仏教窟を二つとカイラーサナータ寺院を見たあと、史跡公園を出て、近くのレストランで昼食をとれば、あとは帰国モードである。アウランガーバード空港でSさんたちの見送りを受け、機上の人となる。

IMG_2264_convert_20190212094013.jpg

*仏教窟でブッダを礼拝する人々


デリー空港の出国検査場で、私のビザに対する係官の誤解から別室に連れて行かれそうになったが、まもなく誤解が解けて通関。まあ、たまにはこんなこともあるのである。


出発まではまだ時間があった。免税店で土産を物色する。パシュミナがいっぱい置いてあるが、どれも相当高い。もとより買う気はない。以前、日本でパシュミナが流行っていた頃、買って帰ったこともあるが、そういうものはいつのまにかどこかに行ってしまい、今も残っているのは、イスタンブルのイスティクラール通りで買ったスカーフと、リビングのテーブルの下に敷いているカシミール製の小さなカーペットぐらいだ。このカーペットは確かコルカタのチョーリンギー通りのお店のショーウィンドーに飾られていたのを一目で気に入って買ったものである。


結局、テーブルランナーとクッションカバーを買って、ゲートに向かった。


解散式を行ったのは関空のバッゲージクレームエリアである。K参事のご挨拶の後、御世話になったみなさんに謝辞を述べた。

フィールドワークの記録 | トラックバック(0)