FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ムンバイ市内見学午後の部

2019年01月30日

1月30日(水)

今朝の高野山は寒かった。お陰で起き抜けに計った血圧が高かった。寒さは血圧の大敵である。先日お医者に「職場が高野山なもので、寒さはなかなか防げなくて…」と訴えると、彼は、「高野山でも部屋は暖かいでしょうから、暖かい部屋で(血圧を)計って下さい」と、全く分かってくれなかった。


さて、1月10日午後のメニューもてんこ盛りであった。

まず向かったのはハッジ・アリー廟。海に浮かぶイスラームの聖者廟で、満潮には波の下になる細い道で陸地と繋がっている。参詣者・見物客はすこぶる多い。蟻の列のように繋がって海の中道を進む。

IMG_2033_convert_20190130122617.jpg


参詣を終えて車に戻る途中、ハッジ・アリー・ジュースセンターというY下さんご推奨の店によって、フルーツジュースで喉を潤した。

次に向かったのは、シッディヴィナーヤク・ガナパティ・マンディルというガネーシャを祀る寺院である。ここも大した賑わいであった。神殿内にはガナパティのお使いのネズミの石像があり、このネズミの耳に願い事を吹き込むと、めでたく叶うとされる。Cさんが一所懸命何かをささやいていたので、後で冗談めかして「何を願ったのかな?」と聞いてみると、「●●●●が出来ますように」と素直に答える。もちろん、それは分かってますよ。

次はハイストリート・フェニックスという大ショッピングモールである。大きなビルの中におしゃれなお店がひしめいている。見学に忙しくて、お土産を買う機会がなかなかないので、特にリクエストしたのだ。前回私はここで銀のカップを買っている。ここにあるスーパーは、当然割高であろうが、良品が揃っている。みんなの目当てはお茶のようだ。

このモールは、一言で言えば、「インドらしくない」場所である。しかし、こういう言い方もやがて過去のものになってゆくのかな、という感慨があった。

IMG_2048_convert_20190130131336.jpg

*モールの中の飾り付け。左奥にはマックの店もある。インドのマクドナルドでマハラジャバーガーはいかがでしょう。


この日はまだまだ終わらない。次はドービー・ガートと呼ばれる大洗濯場、次はチャトラパティシヴァージー・ターミナス(旧ヴィクトリア・ターミナス)。このブログでも2回ほど触れた世界遺産に登録された駅舎である。この駅舎も、その向かいのムンバイ市庁舎もライトアップされて実に壮大で美しかった。

この日の最後は、前夜に続いてMTDC主宰の晩餐会。MTDC総裁のK氏も出席された。

DSC_2794_convert_20190130134507.jpg

*ムンバイ市庁舎




フィールドワークの記録 | トラックバック(0)