FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ヒマラヤの始まり アルナーチャルプラデーシュ州の旅(4)

2009年03月31日
3月15日(日)
 昨日は街道筋のこぎれいなホテルに1泊。今朝は5時半に起床して参考文献に目を通しメモを取る。
 8時出発。車はブラフマプトラ河の氾濫原を開拓した広々とした農村地帯を驀進する。
アッサムの茶園
アッサム・ティーの茶園 現地で買うと高級品が驚くほど安い。


車中で安藤さんからいろいろとレクチャーを受ける。
 
 アッサムの農村は屋敷地を中心とするもので、バングラデシュに典型的に見られるものだ。ベンガル人はこれによってガンガー下流の大湿地帯を何百年もかけて開拓した。低湿地の利用に関するかぎり、ベンガル文明は世界に冠たる文明なのだ。

 ふむふむなるほど。こう説明されると何気ない農村風景も違って見えてくる。

 Holongiのチェックポストを通り、アルナーチャルプラデーシュ州に入る。途端に道は平地から山地に入り、風景が劇的に変化する。
 宮本さんによれば、ここはヒマラヤの始まりだそうな。ゆくほどに谷川は深まり、あちこちに山焼きの煙が上がっている。道には土砂崩れの跡がなまなましい。ここらは花崗岩、片麻岩の風化層で、もろいのだそうな。土砂崩れの跡
シッキムに似た風景だが、雨季に来たら恐いだろうね。

 やがて車は州都イタノゴルに入る。単なる田舎町の風情である。まず行ったのは本屋。今日は日曜日なので、普通は休みなのだが、昨日ケータイで連絡して、開けてもらっていたのだ。
 あれもほしい、これもやがて必要になるかもしれない。従来、私は旅行中はこういう買い物はなるべくセーブするのだが、あの時買っておけばよかったと、ほぞを噛む経験も多い。こういうところで出している本は二度と手に入らないものが多いからだ。今回は、なるべく後悔しないように・・・と思っているうちに本が山になってゆく。結局、5000ルピー以上も買ってしまった。
イタノゴルの書店にて
左端、アパタニ・ミヤモト、一人おいてアディ・アンドー。二人とも日本人によく似ているねえ(イタノゴルの書店にて)







フィールドワークの記録