FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

浜田

2018年08月31日

8月31日(金)

朝食時、ホテルのレストランから海が見え、島影が見えた。

「あの島は何というのですか」

給仕の女性にたずねると、観光マップを持ってきて、「イセ島かヤナ島か馬島です」とのたまう。のんびりしたところである。

IMG_0709_(1)_convert_20180831154855.jpg


一昨日、チャオさんの発表論文の指導が長引き、広島に着いたのは午後8時近くだった。すぐに先着のK谷君と食事に出て、ビールと焼き鳥で遅い夕食を取った。翌朝、新幹線口から8時発の高速バスに乗って浜田に向かう。途中、S田さんから連絡が入って、浜田駅のひとつ手前の黒川町で降りるよう指示がある。10時半近く、黒川町で降りて、向かいのバス停で待っていると、まもなく「東谷下行き」の路線バスがやってきた。


終点の「東谷下」に着いたのは11時過ぎである。黒川町からは40分近くかかっている。ときわ会館横の資料館でS田さんに迎えられ、まず弁当で腹ごしらえしてから、能海寛関係資料が収蔵されている旧たたら場の蔵に向かう。蔵の中は暑い。そこで4時半頃までチベット語文献の確認作業を行った。今回の波佐訪問は、来月の調査の下準備である。

5時8分発の路線バスで浜田に戻り、宿泊は浜田ワシントンプラザ。この晩も町に出て、のどぐろなどを肴にいっぱいやって、疲れを癒やした。

確認作業は昨日で終わったので、今日はそれぞれ家に戻るだけ。8時20分浜田発はノンストップ便なので2時間ほどで広島駅に着いた。駅構内で広島焼きで早いお昼をすませ、11時35分発ののぞみで帰途に就いた。今回はバスに乗っている時間がとても長かったが、K谷君から最新の学術情報などが聞けて、ちっとも退屈しなかった。

明日からは印仏学会への出張である。



フィールドワークの記録 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント