FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

唐都長安1400年国際学術検討会

2018年06月25日

学術検討会(日本でいう学術大会)は6月18日、19日の両日、曲江賓館(西安国際会議中心)で盛大に開催された。ロシアからの出席者が多く、逆に日本からの参加者は、時期的に難しかったのか、私を入れてほんの数名だった。


大ホールでの開会式は、シルクロードなど通じた唐代の文化交流を謳い上げた壮大な映像で始まった。その中で奈良、京都、阿倍仲麻呂など、「日本」がしばしば言及されたのはちょっとした驚きだった。もちろん、いずれも周辺諸国が唐の文化の移入に努めた例として取り上げられたものだ。


DSC_1940_convert_20180627085417.jpg

*会議場のエントランスホール         

DSC_1944_convert_20180627085610.jpg

*開会式前の大ホール

DSC_1947_convert_20180626174135.jpg

*これは西安の青龍寺境内に立つ空海記念塔の映像。


この日、私はうんと早起きをして発表原稿の短縮に努めた。私の拙い経験から言うと、中国の学術検討会は、一人当たりの発表時間が日本よりもかなり短く、たった5分の場合もある。5分では要旨を述べるのが精一杯だ。今回もどうもそうらしい。実は乾学長の原稿を預かって西安に来た。参加予定だった学長が急に来られなくなったため、代読を引き受けたのだ。そのため短縮するのは学長と私の二人分の原稿だ。幸い7時前にはこの作業が終わり、落ち着いて朝食を取ることができた。

午前中は記念イベントで終わり、発表は午後2時半からはじまる第三部会「大唐盛世文明と中外文化交流」においてであった。私の通訳は、初めはロ先生の学生のWさんとなっていたが、実際に会場に行ってみるとプロの同時通訳者が二人も待っていた。

 乾龍仁「空海が長安で学んだ密教」

 奥山直司「高野山大秦景教流行中国碑の由来と特徴」

この二つを立て続けに読み、そのため多少ばたばたしたが、私の仕事を終えた。発表に一区切りつくと、コメンテーターがまとめてコメントした。その中には私の発表に対するコメントもあった。7世紀に長安に建立された景教碑が、「時空を超えて」、しかも西洋の女性によって、日本の高野山に再建されたことの驚きに触れ、文化交流のあり方として興味深いという趣旨のものであった。


1日目が終わって、回民街に食事に出たことは前に書いたとおり。2日目は、10時過ぎまで発表を聞いた後、独り、用意して貰ったタクシーで空港に向かい帰途に就いた。


フィールドワークの記録 | トラックバック(0)