FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

インドサイ

2018年06月11日

6月11日(月)

昨日また管理組合の用で堺に帰ったが、家の中には入らず、いつもどおり泉ヶ丘駅前の商店街で時間を過ごして、御山に戻った。

リフォームが始まってかれこれ一ヶ月。自分の家で休めないことで、さすがに疲れてきたようだ。


昨日は高野山ウルトラマラソンが開かれ、大学は、スタートとゴールになったおかげで早朝から夕方まで賑わった。私は、そこまでテンションが上がらないので、早めに曼荼羅荘に引き上げ、キャベツを肴に冷酒をいただきつつテレビを見ていた。

相変わらずタレントが食べ歩く番組が多い中で、アッサムのカジランガ国立公園にサイを追う番組がおもしろかった。映し出されるインドサイたちは、デューラーの有名な犀の図に実によく似ていた。場所はブラフマプトラ河の南岸に広がる低湿地地帯である。私は、北岸を車で走ってアルナーチャルプラデーシュ州に向かったことがある。その時には、あまり関心がなかったが、今はこのカジランガやネパールのチトワン国立公園で、ゾウに乗ってサイやトラを見るのも悪くないと思っている。

 

「犀の角のようにただ独り歩め」


中村元先生による『スッタニパータ』の和訳、『ブッダのことば』(岩波文庫)を通じて一般に知られるようになった仏教の古い言葉である。このような譬喩が成り立つのは、インドサイが、アフリカのシロサイ、クロサイと違って一本角であるからである。ただ、昨日の番組の中で、インドサイは群れないとの説明があった。実際、映像の中のサイたちは、みな独りで湿原をのし歩いていた。つまりサイそのものが「ただ独り歩」む存在であるらしい。この言葉には、サイのそうしたイメージも含み込まれているのかもしれない。


テレビの前でぼんやり過ごしていたら、「西郷どん」が始まった。奄美から呼び戻された西郷が島津久光に初めて目通りするシーン。「翔ぶが如く」では、高橋英樹が、長煙管と煙草盆を小道具に使って印象的な演技をしていた記憶があるが…。「昔はよかった」などとは言いたくないので、このくらいで。



ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)