FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

河口慧海の命日

2009年02月24日
 ふきのとうが頭をもたげているのを発見。高野山にもついに春がきた。

今日は河口慧海の慧海供養塔
命日である。これは高野山奥の院にある慧海の供養塔。一の橋から歩いて5分で着く。

 今日になってやっと、K林さんに礼状を出した。あの後、K林さんからは高価な本をもらっている。

「コーヒーを引っかけないように注意しながら、大切に読ませてもらいます。2月24日 河口慧海の命日に」


 話は変わって、昨夜、ダッカにいるM本さんからメールが入り、パスポートやヴィザの番号を聞いてくるので、ちょっと慌てた。パスポートはKRKからまだ戻ってないよ!

 3月は久しぶりにインド旅行に行くのである。場所が外国人の立ち入りを制限している区域なので、ヴィザとは別に許可が要る。

 まる2年もの間、どこにも出なかった。これはこの10年では最長記録である。おかげで、このブログのカテゴリーの「フィールドワークの記録」がずうっとゼロのままであった。これも何とか記事と写真で埋める目処がついたという訳だ。

 同行者はアンドーさんとM本さんで、場所はインドの東北辺境のアルナーチャルプラデーシュ州だ。以前タワンの活仏が高野山大学を訪ねてきて、アルナーチャルよいとこ、一度はおいでと宣伝したときから、必ず行こうと念じていた。思いはいつか叶うものだ。


 
ある大学教員の日常茶飯