FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

Ku Kaiと西郷どん

2017年12月30日

『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』を原作とする映画「妖猫伝」の邦題が「空海―Ku Kaiー美しき王妃の謎」であるらしい。何だかややこしいが、2月に封切られたら、できれば、中国人留学生たちといっしょに見に行きたいものだ。

原作者はごぞんじ夢枕獏氏。内容は氏らしい怪奇と幻想の伝奇小説であるが、「世親は実は二人いたんじゃないですかね」などという「くすぐり」もちりばめられていたと記憶する(いわゆる二世親説を踏まえたもの)。

近年、外国映画の邦題は、洋ものであれば、そのまま音写するのが主流である。例えばAvatarならば「アバター」とし、「化身」とは訳さない。中国映画の場合、「始皇帝暗殺」のようにそのまま使えてしまうものも多かろうが、「妖猫伝」では何だか分からない。かといって、「化け猫物語」では話にならぬ。今年の初夏頃だったか、新手を発見した。原題はArrival(到着)、邦題は「メッセージ」。英語を別の英語に置き換えるという荒業である。しかし、これっておかしくならないのかね。


さて、季節が一回りしたようで、来年の大河は西郷さんだそうな。前回は、といっても四半世紀近く前だが、西郷役は西田敏行氏であった。義母は鹿児島育ちなので、西田氏の薩摩弁はどんなものか、聞いてみたことがある。答は、「最初は違和感があったけど、だんだん上手になってきた」であった。さすがなものである。「翔ぶが如く」にもなかなか印象深い場面があった。例えば、小御所会議。山内容堂の長台詞は覚えていないので、その後の会話(

だいたいのところを記憶で記す)。

岩倉具視「おお、待ってたんや」

西郷隆盛「いったい、どげんしたとでごわすか」

大久保利通「土佐の容堂が酒に酔って、陰謀じゃち決めつけたため、越前侯までがその肩を持ち、会議は真っ二つに割れ申した」

(中略)

岩倉「このままではまた公家が動揺するよって、休憩にしたところや」

西郷「ほんなら、短刀一本あったら足りもんそ」

岩倉「よし、わしがやる。見よ」

この簡潔なセリフが、ベテラン俳優たちが演ずるとどうなるかは、実際の映像で確かめてもらうしかない。「西郷どん」はどうだろうか。



ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)