FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

中国の新幹線で上海に戻る

2017年10月24日

留園から蘇州駅に直行し、ここでDさん、Cさんとはお別れ。

中国で鉄道を利用するのは、1986年に東北大学西蔵学術登山隊の人文班の一員として、北京から西寧まで2泊3日の汽車の旅をして以来であるから、随分と久しぶりである。驚いたことに、駅舎の入口で空港同様の荷物検査がある。これは新幹線だからではなく、すべてこうだという。チケットは予約制だ。改札も時間が来るまでは勝手に通ることができない。プラットホームは広々として、静かだった。

そこに中国の新幹線、和諧号がしゅるしゅると入ってきた。

DSC_1147_convert_20171024185246.jpg


DSC_1150_convert_20171024185002.jpg

車内の電光掲示板で見た最高速度は時速306キロだった。27分で上海に着いた。


上海駅から差し回しの車に乗ってホテルに行くと、ちょうどT川、T岡両先生が到着したばかりであった。この夜、黄浦江に浮かぶ船のレストラン「海龍海鮮舫」の最上階にあるパーティー会場で、参加者全員が揃って、歓迎晩餐会が開かれた。

繧ケ繝槭・・農convert_20171024185709


「上海一眺めがいいレストラン」というだけあって、対岸の外灘の灯と此岸の高層ビル群が一望できる。ワインが美味しすぎて、つい飲み過ぎた。

繧ケ繝槭・・狙convert_20171024184552

*ライトアップされた外灘。かつての「魔都」上海の象徴である。♪ウェルカム上海、ウェルカム上海♪ 吉田日出子の歌声が聞こえる。




フィールドワークの記録 | トラックバック(0)