05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

寒山拾得

2017年10月24日

10月17日(火)

蘇州の数多い名所の中で、回れたのは虎丘、寒山寺、留園の三ヵ所だけだった。昨夜の晩餐から、上海で事業をしているCさんが案内役を務めてくれている。Dさんが蘇州はよく知らないから来てもらったらしい。よく聞くと、私達が乗っているBMWも実はCさんの会社のものだ。

DSC_1044_convert_20171024184654.jpg

*虎丘沿いの水路を手漕ぎの舟が行く。「次に来た時には乗りましょう」

DSC_1042_convert_20171024190433.jpg

*こういう水路に石橋が蘇州の風情を作っている。

DSC_1094_convert_20171024185349.jpg

*寒山寺の三門。

DSC_1082_convert_20171024184807.jpg

*中唐の詩人張継の「楓橋夜泊」の詩碑。これ自体は清代のものらしい。日本中の床の間の掛け軸で一番多いのはこれだろう。


DSC_1070_convert_20171024185619.jpg

*これもお馴染み、寒山拾得の図。伝説の風狂僧二人。


お昼は寒山寺門前の麺館で18元の燜肉麺(もんにくめん)というものを食べたが、なかなかの味だった。蘇州は中国ラーメンの本場らしい。

最後は留園を訪ねる。留園は中国四大名園の一つに数えられる歴史的な庭園である。蘇州の他の古典園林と合わせて、世界文化遺産に登録されている。私はここまでの趣味はないが、好きな人にはたまらない庭なのだろう。

DSC_1129_convert_20171025112915.jpg

*あちこちに大小の奇石が置かれている。大きいのは仮山と呼ばれる。

DSC_1113_convert_20171025113404.jpg

*聞木犀香軒の扁額。やはり香りは「聞く」ものである。

DSC_1118_convert_20171025113102.jpg

*金木犀の花びらで地面が黄色くなっている。香りはほのかだ。

フィールドワークの記録 | トラックバック(0)