FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

蘇州

2017年10月22日

「一日早く行って蘇州で遊びませんか」

「うーん、蘇州か、悪くないな…」

頭の中ではすでに「蘇州夜曲」が鳴っている。というわけで、月曜日の出発となった。


10月16日(月)

9時40分に関空のHカウンター前でチョウさんと落ち合い、11時55分発の中国南方航空機で出発。フライト時間は1時間半程度である。上海は近い。甫東空港でDさんの出迎えを受け、車で蘇州に向かう。驚いたことに、Dさんはわざわざこのために北京から来たのだという。おまけに私のために大きなお土産を抱えて。中国人の友だち付き合いと接待(おもてなし)とはこういうもので、日本人とはかなり感覚が違うのである。ありがたいことであるが、同時に注意しなければならないことだとも思う。


地図で見ると、蘇州は上海のすぐ隣りだが、高速道路を乗り継いで2時間以上かかった。それも上海が巨大だからである。4時過ぎに江蘇省に入る。この日の宿はヴィエナ・クラシックホテル。ネオ・バロック様式とでも言ったらいいのか、ドームを持つ西洋建築である。蘇州は「東洋のベニス」とは聞いているが、なぜヴィエナ(ウィーン)なのか分からない。そういえば、周囲にも西洋の有名建築を模したような建物が並んでいる。ほかの場所でもロンドンのタワーブリッジによく似た建物を見た。これが蘇州に限ったことでなく、中国の主要都市はみな似たような状況だとすると、まったくすごいことになっているわけである。


この日の夕食は松鶴楼菜館。蘇州第一の名店という。そこの個室で10人ほどで食卓を囲んだのだが、いったいどういう関係か最後まで分からなかった人もいた。とにかく、私は一座の「老師」ということになっているので、紹興酒で乾杯、乾杯である。幸い、チョウさんが、「皆さん、先生が飲み過ぎないように心配してますよ。1回に飲むのはちょっとでいいんです」と耳打ちしてくれたので助かった。

繧ケ繝槭・・棒convert_20171023131948

*上海蟹は有名だが、実は蘇州の陽澄湖で取れる陽澄湖蟹が最高級なのだそうで、それがこれ。三匹目は遠慮した。      

フィールドワークの記録 | トラックバック(0)