05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

今日でまたひとつ

2017年06月19日

6月18日(日)

いつもの通りの日曜日。午後、大仙公園の堺市博物館に「企画展 富岡鉄斎―和泉国 茅渟海畔(ちぬのうみのほとり)の寓居にて―」を見にゆく。鉄斎は40代の一時期、堺の大鳥神社の宮司をしていたことがある。それにちなんだ展示で、規模は小さいが、明治10年の明治天皇の行幸に備えて調査・制作された「堺県行幸道筋官幣大社御陵位置図巻」や土屋鳳洲を始めとする堺の文人たちとの交流を示す「茅渟海晩景図」など、興味深い作品があった。


伸庵で抹茶を頂いて帰った。


6月19日(月)

朝からメールを出したり、コピーをしたり、会議をしたりしていたら、いつのまにか夕方が来た。梅雨に入っても晴天が続いている。高野山の紫陽花はまだ青い。今日でまたひとつ年を取った。


「富岡鉄斎展」に出陳されている「日本名所十二景図屏風」は、題通り、日本の名所12図を屏風にしたものだが、その中に安芸の宮島らしい景図が含まれている。解説は、慎重に断定を避けているが、厳島神社らしい社殿の背後にそびえる奇峰は弥山を描いたもののようであり、やはりこれは宮島でいいと思われる。

ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)
« 免許更新 | HOME | 地獄大夫 »