09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

地獄大夫

2017年06月18日

6月17日(土)

嵐電に蚕ノ社(かいこのやしろ)というかわいらしい名前の駅がある。蚕ノ社は近くの神社の名前であり、正式には木嶋坐天照御霊(このしまにますあまてるみたま)神社という。本殿東側に織物の祖神を祀る蚕養(こかい)神社があり、蚕ノ社の名はこれにちなんでいる。

蜀咏悄_(4)_convert_20170618090942

そこに三柱鳥居を見に行った。これは文字通り、三本柱の珍しい鳥居で、三方から拝めるようになっている。これをネストリウス派キリスト教と関係づける説が前からあって、この神社の説明板にも「一説」として紹介されている。私の前に、カップルが来ていて、写真を撮っていた。ひょっとすると、心霊スポットのひとつとされているのかもしれない。


帰途、京都駅まで行き、伊勢丹7階のミュージアム「えき」で河鍋暁斎展を見た。3月に東京に行った折、渋谷のBUNKAMURAまで行く気力がわかなかったのを、この機に取り返したのである。全部よかったと言っていいが、なかでもポスターにも使われている「地獄大夫」はすばらしかった。図録に加えて、絵はがき、一筆箋など「地獄大夫」グッズを買って帰った。帰りの電車の中で図録の解説を見たら、地獄大夫は泉州堺は高須の遊女ということになっている。何だ、ご近所じゃないか。

蜀咏悄_(5)_convert_20170618091040


フィールドワークの記録 | トラックバック(0)