05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

インド国立博物館

2017年04月05日

デリーに行ったら必ず訪れたいのが、国立博物館(National Museum)である。この博物館の呼び物のひとつが、19世紀にネパール国境に近いピプラーワーから発掘された仏舎利(仏陀の遺骨)である。仏舎利は現在、タイ政府から寄贈された黄金の厨子に安置され、出土した2個の舎利容器とともに展観に供されている。


DSC_0323_convert_20170405090527.jpg

*仏舎利を礼拝するスリランカ人たち


ピプラーワーから出土した仏舎利は、まずシャム(現タイ国)に分与された。そしてその一部が、ラーマ5世の好意で日本仏教界に贈られた。それは、名古屋の覚王山日泰寺に安置されて現在に至っている。


今回はインダス文明の遺物を中心に2時間ほど見学した。2時間ではまったく足りないが、では何時間あれば十分なのかと聞かれても見当が付かない。切りがないのである。次回は何かテーマを持って来ようと心に誓って博物館を出た。




フィールドワークの記録 | トラックバック(0)