09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

星明かり、月明かり

2017年02月28日

季節通りに春がめぐってきた。


4日ばかり、かなりの緊張感をもって作成した原稿が昨日できて、ネイティブチェックを受けた。日本語で言えばてにをはをあちこち直されたが、全体的には「よく書かれている」という評価をもらった。それを今日送れば、デリーの学会の準備はOKである。

その前はその前で、新しいテーマでコラムを一つ書いて送った。これにも4日ほど掛かったが、今年の印度学仏教学会学術大会での発表のよい準備になった。その申し込みが昨日から始まり、10時には申込書を郵便局に速達で出した。印仏学会は規模が大きく、その分発表にも投稿にも厳しい規制があるが、この分野では権威があり、これに関わっている限りは、いくつになっても「現役」の顔ができる。


新しいテーマというのは・・・まだ明かせないが、絶対におもしろくなるはずだ。


昨夜は星がきれいで、ハワイ島のツアーで星空を観察したのを思い出した。ハワイ島のマウナ・ケア山頂には、すばる望遠鏡で知られる日本の観測所をはじめとするたくさんの天文台・望遠鏡がある。そのためマウナ・ケア周辺では夜の灯りも抑えられていると聞いた。だから、山頂でなくても、晴れていれば、夜空は美しい。星明かりというのが本当にあるのだと実感させられた。

ガイドさんの説明で星座などを確認しているうちに、月が出てきた。さすがに月光は星々の光を圧する。その前、キラウエア火山に着いた直後に夕陽がマウナ・ロアに沈んだ。日、星、月のダイナミックな天体ショーを楽しんだ一夜だった。

___convert_20170301111705.jpg

*天体望遠鏡にスマホをくっつけて撮ったハワイ島の月。





ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)