06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

機内で映画を

2017年02月24日

エコノミークラスに10時間20分は少々きつい。映画でも見ようと思うが、私は、この機器が上手く使えたためしがない。画面にタッチしても、こちらの思う通りにはなかなか動いてくれないし、今回はイヤホンも調子が悪い。

それでも何とか操作して、新作の「魔法もの」を見始めた。途中で舞台がカトマンズに移ったのには、おっと思ったが、一向におもしろくならないので、途中で見るのをやめた。こういうの喜ぶ人がまだいるのかと思う。

そこで次にこれも新作の部類で、黒澤明の有名な作品の有名なリメイク版のそのまたリメイク版というややこしいものを見たが、残酷さが先だって私には合わず、これまた打ち切った。

結局見たのは「ボディーガード」と「シン・ゴジラ」の2本。「ボディーガード」はケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンの共演作で、テレビの映画劇場で見たことがあったが、「おもしろい」という一定の保証は付いている。「シン・ゴジラ」は、これぞ劇場で見たいと思っていて見られなかったものだ。最初のゴジラが金目鯛のような目をしているのには驚いたが、途中から隣が話しかけてくるので、イヤホンを取って聞き役に回っているうちに終わってしまった。だいたいは把握したつもりだが、なぜゴジラが東京を壊しにきたのかは理解できなかった。一種の災害だから起きるのに意味などないとも言えるが、ゴジラ自身が何かに苦しんでいるように見えたのが今も気になっている。

DSC_5226_convert_20170224190016.jpg

*3年半ほど前にサンタモニカでみた「ババ・ガンプ・シュリンプ」の店がコナにもあった。しかも、例のベンチやアタッシュケース、チョコレートボックス、スニーカー、スニーカーの上にひらりと降りた羽まで再現してある。あのサウンドトラックが聞こえてきそうだ。機内で「フォレストガンプ」をやってくれていたら、ありがたかったのだが。


ある大学教員の日常茶飯 | トラックバック(0)