09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

博多萬行寺

2017年01月30日

金曜日に博多の本願寺派萬行(まんぎょう)寺に行ったのは、そこが有名な七里恒順(しちりごうじゅん)和上の寺であるからばかりではない。わが小泉了諦も、恒順師の下で研鑽を積んだからである。


了諦は若い頃、「耶蘇退治」で鳴らした。ところが、了諦を見た恒順は開口一番、次のように言ったという。

「あなたは外教退治御大将の一人であるさうな、其は護法心から熱度高き所よりなられたのであらうけれども、足許が肝腎ぢゃから第一法城を堅固にして下さいませ」(小泉了諦「恩師十三回忌辰所感」)

恒順の下で修行すること三年、はじめて真宗の肝要を会得した実感を得て了諦は故郷の福井へ戻った。さらなる修行の場を求めてセイロンに渡り、さらに軍艦に便乗してオスマン帝国、欧州へと足を伸ばすのはその後のことである。


この寺では築女の中川先生を中心とするグループが文化財調査をされている。この調査の過程で了諦関係の資料が確認されたことが、今回私が築女にお邪魔する遠因になったのだから、縁とは不思議なものである。

萬行寺は繁華街のど真ん中にあった。寺務所を訪れると、とてももの柔らかな方たちが丁寧に応対してくださり、さすがに恒順さんのお寺であった。パンフレット2種と新聞1部を頂いて門を出た。


DSC_5094_convert_20170130203126.jpg

*萬行寺の本堂。周囲には納骨堂が4つもあって、実に堂々とした大寺である。


フィールドワークの記録 | トラックバック(0)