10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

十二支考輪読「鶏に関する民俗と伝説」

2017年01月08日

1月6日(金)

南方熊楠顕彰会学術部会議に出席するために田辺に行く。4時半に高野山を出て、着いたのは7時前。平成28年度、29年度の事業などが検討された。終わって恒例の夕食会。場所は「あじみ」で、先発隊と合流した。

これまで何回も書いてきた通り、田辺は魚がうまい。したがって、酒もうまい。しかし、今年の私は決意も固く、「酒は飲まないことにしました。」

10時半過ぎにお開きになり、アルティエにチェックインした。いつものように飲んでいれば、そのまま

バタンキューだが、しらふだったから、風呂に入ったり、論文を読んだりすることができた。


1月7日(土)

温かくいい天気である。10時前に顕彰館に行き、熊楠の蔵書を何冊か閲覧した。その後、Tさん、Gさんと蓬莱ずしで太刀魚丼で腹ごしらえして、2時から十二支考輪読「鶏に関する民俗と伝説」に出席した。

辰に始まったこの行事が、もう酉になった。

終わって、資料を片付けたりしているうちに、もう夕方である。あまり暗くならないうちに帰路に就いた。


1月8日(日)

一転して雨の一日である。多少疲れが出たようで、起きたのは10時すぎだった。後に届いた年賀状に何枚かお返しを書き、出しに行ったついでに紀伊國屋書店に寄って本をながめた。それから帰宅して早い夕食を取った後、御山に戻った。







 


ある大学教員の日常茶飯 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示