05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

真田ネタもこれが最後

2016年12月07日
真田ネタも大概にしようと思っていたが、家康の影武者が出た、と聞いたので、もう一回だけ。

隆慶一郎の『影武者徳川家康』では、茶臼山に陣取った真田隊が突撃を開始した時、家康の本陣で、影武者家康と本多正信との間にある会話が交わされる。手元に本がないので、まったくのうろ覚えで、だいたいのことを記すと、

世良田二郎三郎(影武者)「真田なら討たれてやってもよいな」
本多正信「やめてくれ、徳川の恥になる」
二郎三郎「もともとこの戦は恥に満ちている・・・おお、見事な突撃じゃないか」

私はこれを幸村への鎮魂歌として読んだ。

『影武者徳川家康』は、今年の正月に西田敏行主演のドラマが放送されているから、ご覧になった方もおられるだろう。実は家康は、関ケ原の戦いの前夜に、三成の家臣島左近が放った刺客によって暗殺され、その代役を影武者の二郎三郎が務めることになる。こう書くと、信長を暗殺したのは秀吉だとか、信長は本能寺の抜け穴を通って逃げ延びたとか、そういう類の話と大差ないように感じられるが、この小説はここからがすごい。二郎三郎は、その後、1616年に死ぬまで、実に15年以上にわたって大御所家康として君臨し続けるからである。というのも彼は、残忍酷薄な二代目徳川秀忠とその配下の柳生忍軍と戦わなければならなかった。ざっとこんな筋のエンターテイメントである。それにしても、「家康といえば影武者」の大元はどこにあるのだろう。
ある大学教員の日常茶飯