05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

天狗の団扇

2016年12月01日
近頃は、朝が寒いため、つい二度寝して、そのたびに妙な夢をみる。

旭を拝みに行った帰りに北門から構内に入ろうとすると、ぴかぴかしたものが天から目の前に降りてきた。身の丈10㍍はあろうかという烏天狗である。その天狗が私に団扇をくれた。それは八つ手の葉そのもので、柄の部分がすぐに折れてしまうようなもろいものだが、これで背中を煽がれると、その人に無駄に過ごした時間が戻ってくる。これで私は二人ほど煽いでやってとても感謝されたが、実に惜しいことに、自分を煽ぐ前に目が醒めてしまった。
ある大学教員の日常茶飯