09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

夏の陣

2016年11月30日
___(2)_convert_20161129162909.jpg
*堺市博物館にある芝辻大砲の模型。実物は靖国神社にある。家康の注文で、1611年に堺の芝辻理右衛門が製作した。冬の陣で大坂城の砲撃に使われたものかもしれない。

 「真田丸」もいよいよクライマックスのようだ。最近は視たり視なかったりだが、この物語をどう閉じるかには興味がある。

私が注目しているのは、伊達政宗の動きである。乃至政彦の『戦国の陣形』(講談社現代新書)によれば、大坂夏の陣における伊達勢は5400人余りで、そのうちの何と64%が鉄砲を装備していた。道明寺の合戦で後藤又兵衛を討ち取ったのも伊達軍の銃撃である。ところが、政宗は、「弾切れ」との理由で、退却する真田隊を追撃しなかった。そのことが結果的には、翌日の真田隊・毛利隊による徳川本陣への突撃という、家康にとってはまさかの事態につながる。

解釈はいろいろと可能であろう。ただし、それと真田信繁が息子とむすめを政宗の重臣片倉小十郎(重長)に託したという話をつなげて考えると、ちょっとおもしろい構図が描けるかもしれない。




ある大学教員の日常茶飯