06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

感激の一日

2016年11月11日
11月3日木曜日文化の日
この日、さかい利晶の杜で、河口慧海生誕150周年記念「慧海と堺」展関連の講演会とパネルディスカッションの集いが開かれた。最近にない感激の日だった。
 
堺東から歩いて、11時過ぎに受付に行くと、高山先生がすでに来ておられた。まもなく、Yさん、Uさんご夫妻、Hさん、Kさんが揃った。今回の展覧会に所持されている慧海ゆかりの品を快くお貸しくださった人々である。

会は1時半から始まった。最初は私だったが、いつになく気合いが入りすぎて空回り気味であった。次に高山先生がお話になり、その後休憩を挟んで、ディスカッションとなったが、そのメインは何と言ってもビデオレターで参加された宮田恵美さんであった。これが見られただけでも会を開いた価値はあったと私には思われる。

会の後、堺市のご厚意で、懇親会が持たれた。松原市のN先生も加わられた。この席では、河口慧海の幼なじみで最大の支援者だった肥下徳十郎の孫が、徳十郎が没してから100年後に慧海の親族と並んで座り、同じく有力な支援者だった藤原萬蔵・等子夫妻の孫と慧海の弟の孫とが語りあうという状況が作り出された。縁の不思議さをつくづく感じさせられた一時であった。

この不思議を「演出」したのはあくまで堺市文化財課の人々であるが、私もいくらかお手伝いが出来たことを嬉しく思っている。
************
さて、今日から3日間、大阪でダライ・ラマ法王の法話と灌頂がある。その後、月曜日、火曜日と高野山だ。
研究ノート