05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

神々の山嶺とエベレストの亡霊たち

2016年11月08日
DSC_4588_convert_20161110184502.jpg
*夕映えのヒマラヤ。神々の座。私は昔からこのことばに弱い。

カトマンズ空港の国内線待合室で本を三冊買った。
『エベレストの亡霊たち』、『エベレストの男―テンジン自伝』、『希薄な空気の中へ』

前に書いたように、出発前に夢枕獏の『神々の山嶺』を買った。それを旅行に持って行く積もりであったが、結局止めたのは、一つには荷物をできるだけ減らしたかったから、もう一つは、たとえすきな作家のものでも、それによって旅のトーンを支配されたくなかったからである。私はぼーっと考え事をしているだけで何時間でも過ごせる人間である。
しかし、頭には残っていたのだろう。待合室の売店に置かれていた本の中でこの3冊が目に止まった。こういう本は見つけ次第買わないと二度と手に入らないことが多い。『エベレストの亡霊たち』に邦訳があることは最近知った。

『エベレストの亡霊たち』は、マロリーとアーヴィン捜索の唯一の公認ストーリーと銘打ってある。マロリーとアーヴィンは、1924年のイギリスのエベレスト登山隊の一員で、頂上のアタックに出かけたきり帰ってこなかった。1953年にヒラリーとテンジン、否、テンジンとヒラリーが初登頂する30年近く前、1999年にマロリー・アーヴィン調査遠征隊がマロリーの遺体を発見する75年前の出来事である。

マロリーとアーヴィンのエベレスト登攀にまつわる最大の謎は、人類で最初にこの世界の頂上に立ったのは実は彼らだったのではないか、という点にある。夢枕さんの小説は、この謎を巧みに使って、深町というフリーカメラマンがカトマンズの古道具屋でマロリーのものらしきコダック・カメラを見つけるところから始まっている。カメラが焦点になるのは、もしもマロリーらが頂上に立ったならば、必ず証拠の写真を撮ったはずであり、またそのカメラが零下数十度にもなるエベレストの斜面に埋もれていた場合、中のフィルムは数十年間の劣化に耐えて決定的な証拠となりうる、という想定が成り立つからである。

『エべレストの亡霊たち』には、マロリーの娘クレアが一文を寄せていて、惻々と胸を打つ。彼女が書いているように、マロリーの遺体を発見した遠征隊は、その持ち物を調べたが、マロリーが生前、幼いクレアに、エベレストの山頂に置いてくると語った妻ルース(クレアの母)の写真はついに発見できなかった。そしてカメラも。こうして謎は謎のまま残ることとなった。

それが小説でどう料理されているかは、実際に読んでもらいたい。附言すれば、夢枕さんは『神々の山嶺』を、マロリー・アーヴィン調査遠征隊がマロリーの遺体を発見する2年前に書き終えている。しかし、この遠征隊の成果を受けて、ラストシーンに必要最小限の手を加えたという。物語と事実の交響という意味でも興味深い作品である。



読書案内