07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

慧海と堺展

2016年09月29日
 今週の月曜日に堺市役所で記者発表があり、新たに発見された「明治35年の慧海日記」がベールを脱いだ。10月26日から始まる「慧海と堺」展で一般に公開される。
 明治35年5-6月、慧海は1年余りを過ごしたラッサを後にし、5重の関門を突破してチベット脱出に成功する。その模様は、彼の『チベット旅行記』に活写されているが、この日記は、そのスリリングな脱出行が事実であったことを裏付けるものである。

蝗ウ1_20160929_0001_convert_20160929153610

 今回の発見により、第1回チベット旅行の最も重要な部分の日記がすべて出揃った。「慧海と堺」展では、この日記の他にも、慧海がびっしり書き込みをしたサラット・チャンドラ・ダースの『蔵英辞典』、慧海が肥下徳十郎に送った「くりぬき日記帳」、髙村光雲が慧海のために彫った釈迦牟尼仏立像など、注目すべき資料が、堺市博物館、清学院、山口家住宅の三箇所で展示される。
 
 11月3日、文化の日には、さかい利晶の杜で、講演とパネルディスカッションも開かれる。そのメニューは、高山龍三先生と私が30分ずつ話をしてから、吉川和子氏をお迎えしてパネルディスカッションをするというもの。

 今回は関連事業も充実しているので、以下に列挙しよう。

◇茶寮つぼ市製茶本舗「慧海と堺」関連展示と、ヒマラヤにちなむオリジナルチャイ新発売。梵字ワークショップ開催。
◇堺線香工業協同組合 堺の偉人線香第1弾「河口慧海」新発売。
◇天牛堺書展イオンモール堺鉄砲町店、堺東高島屋店 河口慧海関連ブックフェア
◇森のキッチン 「慧海と堺」関連パネル展示と映像、慧海にちなむカフェメニュー
◇紙cafe 「慧海と徳十郎」関連パネル展示 ネパール&チベット関連グッズ販売
◇堺環濠都市北部地区町なみ再生協議会 「慧海と堺」関連パネル展示
◇堺市立中央図書館 河口慧海関連ブックフェア
研究ノート