07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

北京の一日

2016年09月12日
8月28日(日)
 この日は一日北京見物に費やした。まず雍和宮(ようわきゅう)に行き、J先生の案内で境内を巡る。雍和宮は北京最大のチベット仏教寺院である。参詣者が多く、中国が今仏教ブームにあることが実感される。
 次いで東交民巷(とうこうみんこう)に立ち寄って、旧日本公使館や旧横浜正金銀行北京支店の建物を確認する。昔の北京内城の東南部に位置するこの地区は、1900年夏に起きた北京籠城(外国人と中国人キリスト教徒が義和団と清国官兵に包囲されて立て籠もった事件)の舞台となった。北京には四五回来ているが、今まで訪れるチャンスがなかった。一度見ておきたいと思っていた場所だ。

DSC_3711_convert_20160912141932.jpg

DSC_3744_convert_20160912150600.jpg
*線香が無料で配布されている。

DSC_3753_convert_20160912151031.jpg
*以上、雍和宮の賑わい。

DSC_3784_convert_20160912151500.jpg
*旧日本公使館

DSC_3799_convert_20160912164857.jpg
*旧横浜正金銀行北京支店。今は中国法院博物館になっている。1910年竣工というから義和団事件より後の建物である。

 午後は妙応寺を訪れ、白塔や境内に建てられた阿尼哥(あにこ)の像などを見た。五台山のものと同じく、この寺の白塔も阿尼哥が建設したものだ。それから前門大街に行ってお土産を買ったことは前に述べた通りである。その夜もディナーパーティーでいろいろな人に会うことができた。

DSC_3827_convert_20160914072317.jpg
*若々しい阿尼哥の像。現代の作だが、ネワールの職人集団を率いてチベットや元朝の中国で活躍した彼の面目をよく伝えている。

8月29日(月)
 早起きして荷造りし、7時に宿を出て北京首都空港に向かう。Cさんが最後の最後まで付き合ってくれた。日本を出る時からだから、実に12日間である。その間、Cさんの行き届いた配慮で、いろいろと見聞を広めることができた。中国人の付き合い方を身を以て知ることができたのが一番の収穫かもしれない。今度は私の番だと言われたら喜んで応じるだろう。それだけありがたい経験だった。
 北京・関空間の所要時間はおよそ3時間半。今までよりもずっと近くなったような気がしている。


 
フィールドワークの記録