05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

20年ぶりの西安

2016年09月07日
8月23日
 10:30の便で西安に飛んだ。CさんとLさん、そしてKさんが一緒である。

 西安は20年ぶりであった。私がこの町を五台山への中継地に選んだのは、Cさんの勧めによる。麗江から五台山へは適当な便がない。しかも、空港のある太原から五台山までは200キロ以上もある。へたすれば太原で1泊なのである。

 空港にはLさんの部下の男女二人が迎えにきてくれていた。この二人が、明日、私とCさんを780キロ離れた五台山まで車で送り届けてくれるのである。出発前、この計画を初めて聞いたとき、私は焦った。東京日本橋のたもとに設置された日本国道路元標によれば、その元標から青森市までが736キロ。それより40キロ以上も長いのである。どう考えても10数時間はかかろう。そんな迷惑はかけられない。
 しかし、Cさんは平然とこう言ったのであった。

 「これが中国人の人をもてなすやり方です」

 参りました。この旅の記の最初に書いた「この状況を楽しもう」の「この状況」というのは、こんな日本人としては、お尻がむずむずするような立場に置かれることを指している。旅の後半は、こういう状況が増えていく。

 車は西安の市街地に入る。最初に向かったのは大興善寺である。大興善寺は、唐代密教の大成者、不空三蔵ゆかりの寺である。Cさんが抜かりなく連絡してくれていて、同寺住職のK師も私を待っているという。K師は高野山とは深い縁の持ち主だが、私はお目に掛かるのが初めてだった。鋭敏な感じの人物である。

 大興善寺の次には、碑林博物館に向かった。20年前、私は西安で大雁塔、青龍寺、兵馬俑坑、陝西省歴史博物館、大興善寺などを回った。しかし、碑林博物館には行かなかった。そのことをこの20年、何度悔いたことか。ここで「大秦景教流行中国碑」のオリジナルを見て、私は深い満足を覚えた。高野山奥の院にはこの碑のレプリカがある。イギリスのゴルドン夫人が寄贈したものである。
 続いて、仏像を見る。目当ては、長安の安国寺址から発掘された密教尊像群だ。石碑にしても仏像にしても、とにかく数が多くて、時間がいくらあっても足りないようだった。適当に切り上げて、Lさんの待つ仏堂に向かう。西安の中心街から少し離れた高級住宅地にその仏堂はあった。すでに○○氏らが到着しており、ディナーのかたわら、有益な情報交換ができた。

 夜、寺に帰るKさんを送りがてら、大雁塔の辺りを散策した。どこへ行っても人が多い。

髏俶・シ_convert_20160907195139
*ライトアップされた鐘楼。


 
フィールドワークの記録