09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

『梵字悉曇教本』が出た

2016年04月27日

土曜日、悉曇蔵研究会編『梵字悉曇教本』(USS出版)が届いた。

一島正真先生と河野亮仙さんの苦心の大冊である。中心となっているのは、近代悉曇学の大成者とも評される天台僧大宮孝潤(おおみや・こうにん)師(1872-1949)が残した教本類だ。

河野さんに連れられて、大宮師が住職を務めた茨城県河内町の妙行寺を訪ねたのは、一昨年のことである。お訪ねしたのは初めてだったが、先代住職の時代から資料では大変御世話になった。


私はこの出版に「大宮孝潤のインド」を寄稿した。これは、インド留学に焦点をあてながら、大宮師の波瀾の人生を描いたものである。


大宮師は数え年24歳でインド留学に旅立ち、前後2回、通算9年近くをインド・セイロンで過ごし、梵語と梵語仏典の研究にいそしんだ。時代は日清戦争直後から日露戦争直後までに当たる。インドでは、イギリスが植民地支配を強化する中で、次第に民族意識を高めた大衆が、日露戦争における日本の勝利とベンガル分割令を契機に、広汎なスワーデーシ―(国産品愛用)運動に向かってゆく時期である。こうした時代情況は、大宮師の留学生活にも影響を与えずにはおかなかった。

譴オ蟄玲i譖・蕗譛ャ_convert_20160427085559


高価な専門書です。お近くの図書館に購入希望を出しくだされば嬉しい。



読書案内 | トラックバック(0)