10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

終わりよければ2

2016年04月24日

4月20日(水)

上天気のこの日、午前中は奥之院を案内し、梵恩舎でランチを食べた後、午後は金剛峯寺、大伽藍、霊宝館を案内した。昨日に引き続いて事務職のAさんとTさんが大活躍してくれた。二人とも随分気に入られ、「あなた方はよいスタッフを持っている」とお褒めの言葉をいただいて、私も鼻が高かった。

マドゥリ夫人によると、Aさんはボリウッド・スターのSK(サルマン・カーン)に似ているそうで、「英語さえ覚えたら、インドではもてもてだ」とのこと。よい刺激になったようである。


「高野山のような美しい場所は初めてだ。文化遺産としても際だった特色を持っている。そして何より、ここに着いた時から、スピリチュアリティを感じている。大変好ましい場所だ」

というのがラグレイ教授夫妻の共通の感想だった。彼らは観光学を専門としており、宗教ツーリズム、遺産ツーリズムなどの観点から高野山を高く評価してくれたようだ。


この日は夕方6時半から総持院で県の商工観光労働部長主催の夕食会があり、二人も招待されていた。遅い時間なので、私が送り迎えした。


4月21日(木)

本番の日がやってきた。天気はあいにくの雨である。


10時15分より松下講堂でアンベードカル博士生誕記念式典が挙行された。インド側の出席者は、マハーラーシュトラ州政府観光大臣、駐日インド大使代理の主席公使、在大阪・神戸インド総領事。観光大臣の来日はこの行事に出席することが主目的だ。学生向けの内輪の講演会という当初の計画から、あれよあれよという間に大袈裟なものになったが、まあ、これぐらいはこなせなければ。


藤田学長の挨拶、観光大臣の挨拶、大使代理の挨拶の後、ラグレイ教授の講演「アンベードカル博士の文化遺産」が1時間にわたって行われた。通訳は本学のドライトライン准教授に引き受けてもらった。ラグレイ教授は、高野山の雰囲気にいたく感銘を受け、予定にない原稿を宿坊で何枚も書き下ろしてきた。開演15分前にそれを見せられたドライトラインさん、かなり苦労した様子だったが、何とかこなしたのはさすがだった。彼にしかできない芸当である。


そのあと、吹き降りの中、アンベードカル博士の像に献花が行われた。


それが終わると直ちにS院に移動して歓迎の昼食会。それで記念式典はお開きになり、大臣、大使代理、総領事の一行は御山を下っていった。それを見届けた後、ラグレイ夫妻の要望を受けて、大学の図書館を案内し、古い文献資料などを見てもらった。



フィールドワークの記録 | トラックバック(0)