09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

日本人の先祖はチベット人?

2016年04月07日
4月6日(水)
前日ゲシェーたちが移る宿舎の下見をし、この日の午後、事務方が出してくれた車で、彼らと一緒に橋本に下り、お店を三軒回って、布団、ベッド、IH調理器、掃除機など必要なものを買いそろえた。咲き誇っている桜を見せる目的もあった。D院の奥様からは、二人にいろいろなもの(電気炊飯器から茶碗・箸、米、茶まで)を頂いた。二人はD院の人たちにほんとによく馴染み、可愛がられていた。(二人がいなくなると)「さびしくなる」という言葉に、外国から来たばかりの二人がD院で幸せな時間を過ごしたことを確認できた。

帰途、ウセルさんがこんな話をしてくれた。チベットには、日本人の先祖はチベット人である、という言い伝えがある。その昔、チベット人の男女100人ずつが国外にでかけた。彼らは日本にたどり着き、気に入って住み着ついて、チベットには帰らなかった。彼らこそ日本人の先祖だ、という。この話がどこまで本当かは分からないが、自分は日本に来て、言葉などいくつかの点でチベット人と日本人が似ているのを感じている。

感想を求められて、私はこう答えた。その話は、すべて正しいとは言えないが、まるで嘘という訳でもないと思う。日本人とチベット人が似ているのは事実である。
こう言ったのは、近年、DNAの解析によって日本人のルーツの研究に新たな光が当てられていることが念頭にあったからであるが、それを説明するには、お互いの語学の進歩を待たなければならない。

ついでに、河口慧海が、日本語の中にはチベット語起源の言葉が含まれており、それは古代にチベット人が日本にやってきたからであるという説を唱え、それを先々代のパンチェン・ラマにも話して、感激させたという話をしてあげた。

4月7日(木)
強い雨。今日は彼らの新居に昨日集めた物品を搬入する予定だったが、午後になっても吹き降りが収まらないので、明日の引っ越し日に一挙にかたをつけることにした。

ある大学教員の日常茶飯