07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

人生の節目

2016年03月30日
3月23日(水)
難波のスイスホテルで開かれた産経新聞社主催のハッピーエイジング&ソナエ博という催しに派遣され、「インド観光セミナー」のセクションで、「インド仏跡とブッダの物語」と題して短い講演をさせてもらった。定員の2倍以上の申し込みがあり、盛況だった。そのあと用意されたお弁当をいただきながら、エアインディアや阪急交通社の人たちと情報交換。ついでに、車椅子ダンスと堀内孝雄ミニコンサートを見て帰宅した。

繧ス繝翫お蜊喟convert_20160331190753
*会場の入口ではエアインディアのマスコット人形、マハラジャ君がお出迎え。こんなスタイルが外国人から見たインド人のイメージを作ってきたことは否定できない。

3月24日(木)
空は晴れているが、風はとても冷たい。長女の学位記授与式に出席した。会場には入れないので、用意された食堂のモニターで見守った。長女にとって大学院修了は人生の大きな節目である。これはむろん本人の努力の結果であり、学資を出すこと以外に親たちの出る幕はなかったが、これで「子育て」も終わった、という感慨があった。

3月29日(火)
京都宗教系大学院連合(K-GURS)の評議会に出席するため京都の大谷大学に行った。京阪沿線の桜はまだ2分咲き程度であった。京阪に乗ったのは路線をまちがえたためで、三条で地下鉄東西線に、烏丸御池で烏丸線に乗り換えた。K-GURSも随分長く関わり、得たものも大きかったけれど、今年度は忙しすぎて評議員の職責を満足に果たせなかった。次の人にバトンタッチし、この日で役御免となった。

3月30日(水)
4月の行事のために、朝からinvitation letterを書いたり、サインをしてもらったり、判子を押してもらったりで大忙しであった。今ようやく解放された。実は今月中にやっておかなければならないはずの仕事がもう一つ残っている。今度の日曜日、京都でS須先生の祝賀会があるので、そこで楽しく飲めるかどうかは、ここ数日のがんばりにかかっている。
ある大学教員の日常茶飯