05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ちょっと気持ちが楽に

2016年02月26日
昨日卒業論文の試問があり、一区切りついた。ちょっと気が楽になり、前から考えていた所蔵品調査のお願いに、F県のある博物館に電話をかけた。
「ありますけど、何の研究ですか」
「エルトゥールル号の研究です」
「エルトゥールル号ですか!そういうことなら是非協力させてもらいます。「海難1890」は二回見て、二回とも泣きました。・・・・でも、来るなら、もうちょっと早く連絡してね」

人生いろいろなところに出会いがあるものである。
関連の新聞記事をファックスで送ってもらった。それを見て、ようやく気がついた。相手がそこの館長であることに。
3月には行ってみよう。

「大宮孝潤とインド」の二校が来た。K野先生編集の大著への寄稿で、早くに初稿ゲラをもらっていながら、忙しさの余り、放っておいたら、すぐ校正しないと間に合わない事態に立ち至った。まあ、珍しいことではない。一昨昨日、一昨日と二回にわけて初稿を送り返したら、驚いたことに、もう二校だという。これはよほど切羽詰まっているのである。午後2時過ぎから直ちに仕事にかかると、さすがプロ。かなり赤くして送ったのに、直すところがほとんどない。そこで訂正箇所のみファクスで送り、仕事を終えた。

茨城県の妙行寺を訪ねたのは一昨年の秋である。これで、先代住職から受けていたご恩も幾分かは返すことができた気がする。

茨城といえば、両ゲシェーとチョウさんが、梅チャンから手紙と大阪旅行の写真をもらったと大感激していた。日本の手紙はこういうものだということが分かって勉強にもなったと思う。梅チャン、サンキュー!





ある大学教員の日常茶飯