05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

♪こんぴら舟、舟♪

2016年02月24日
2月17日(水)
早朝、K本さんが急用のため大阪に戻り、私たちは二人になった。それなら、と、私も金刀比羅宮(こんぴらさん)をお参りしたら、予定を早めて帰ることにした。

DSC_2180_convert_20160224085118.jpg
*有名なこんぴらさんの石段。早朝のため、誰もいない。お店も開いていない。めずらしい写真だ。

DSC_2209_convert_20160224085220.jpg
*本殿まで登ると、眼下に讃岐平野が広がっている。晴れているので、よけい寒い。時々雪片が舞ったりする。「功徳あるわ~」

DSC_2193_convert_20160224120745.jpg
*こんぴらさんと言ったら、「こんぴら狗」だ。江戸時代、飼い主に代わってこんぴらさんに代参に来たけなげな犬たちのことである。「金比羅参り」と書かれた袋を首に着け、その中に初穂料と道中の餌代を入れてもらって旅立ったというけれど、彼らのうちのいったい何匹が故郷の村まで帰りつくことができたのか。考えただけで胸が熱くなる。

DSC_2221_convert_20160224121927.jpg
*もひとつ、こんぴら狗。社務所に1000円納めて、小さいのを一匹もらって帰ってきた。今、テリーの遺影の側に友だちの「こんちゃん」として座っている。

DSC_2234_convert_20160224123625.jpg
*こんぴらさんは海と船の神様だ。航行の安全を祈って、たくさんの絵馬が上げられていた。

DSC_2304_convert_20160224122810.jpg
*琴平駅まで送ってもらい、列車を乗り継いで帰途に就いた。これは瀬戸大橋。
K本さん、S田さん、ほんとうに御世話になりました。
フィールドワークの記録