09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

仕事始め

2016年01月05日
1月5日(火)
下界では昨日が仕事始めだったが、御山は今日になってもまだ眠ったように静かだ。

日本語は今日から始動。彼らの顔が明るい。元日にD院でお節料理の会食があったりして、日本のお正月がとても楽しかったらしい。「おしょうがつはなにをしましたか」と聞くと、今使える精一杯の日本語でいろいろ説明してくれた。ダムの水位が徐々に上がってきて、圧力が高まっている感じ。でもまだ水路は開かれていない。

一つ書き忘れていたが、大阪から帰る「こうや号」の車内で、たまたまナムギェルさんだけが、ひとり、見知らぬおじさんの隣の席になった。どうするのかな、と見ていると、ナムギェルさん、何と、サラリーマン風のその人に日本語で話しかけはじめたではないか。「わたしはチベットからきました」から始まって、時々メモ帳を見ながら、橋本までほとんどしゃべり詰めである。よくは聞き取れないが、その人も特に迷惑がるそぶりはなく、ちゃんと相手になってくれている。橋本で下りる時に、その人に、「どうもありがとうございました」と声を掛けたら、彼は「こちらこそ、ありがとうございました」という。クリスマスイブの晩である。難波辺りで一杯飲んできたのかもしれない。家路に就いたら、隣に座った男が日本語らしきものをしゃべるチベット人である。さぞや驚いたことだろう。でも本当にありがたかった。ナムギェルさんの積極性にも感動した。前に書いたように、難波でさよならしたかったのだが、ここまで付いてきてよかった、いいものを見せてもらった、と思った。
フィールドワークの記録