10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

散々な出張

2015年10月26日
24日(土)
高野山大学同窓会東北支部の総会に出席するために、仙台に出張した。都合で飛行機ではなく、新幹線を乗り継いだ。

東京駅での乗り継ぎ時間に、改札口を出て、東京駅南口の真ん前にある中央郵便局に駆け込んだ。どうしてもこの日のうちに出しておきたい書類があったからだ。レターパックを買い、所定の書き込みをし、ついでに走り書きで手紙を書き、返信用の封筒を速達にして、もろもろをパックに入れ、封をして窓口に出した。時計を見ると、何と「はやぶさ15号」の出発まであと5分しかないではないか。急いで駅に戻ったが、構内は込んでいて、思うように進めない。その結果、1分ほどの差で乗り遅れてしまった。

仕方がないので、次の「はやぶさ17号」に乗ることにしたが、「はやぶさ」は全席指定で、自由席がなく、17号はすでに満席だったので、「立ち席特急券」という妙なものを買うはめになった。余裕をもって出てきているので、同窓会に遅刻する恐れはない。私は大学教員なので、1時間半程度の立ちっぱなしは講義で慣れている。それにしても、去年も列車では痛い目にあっている。

仙台市榴ヶ岡のホテルで開かれた同窓会はつつがなく終わり、タクシーで仙台駅近くのホテルに行ってチェックインした。

25日(日)
朝起きて、帰ることしか仕事がない。名掛丁で朝食を取って、8時55分の「はやぶさ」に乗った。13時20分過ぎに新大阪着。ホームの階段を下りてから気がついた。おみやげの袋を網棚に忘れたことに。駅の忘れ物係に直行する。今の今だから、すらすら情報が言えた。「のぞみ107号4号車17番C席です。中味は牛タンとモナカ」。御堂筋線の電車の中で電話を受けた。「お客様のものと思われる紙袋が発見されましたので、広島から着払いでお送りします」

散々な出張であった。







ある大学教員の日常茶飯