09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

鴨川の畔で

2015年10月17日
何回目か前のブログ「昔見た夢」を書いていて、「ローマ」と書いた瞬間に、V先生から電話がかかってきた。こういうのをシンクロニシティというらしい。用件は、飲み会、いや講演会へのお誘いだったので喜んで受けた。

それが昨夕、京都大学人文科学研究所で午後6時から開かれた講演会であった。講師は、ナポリ東洋大学仏教研究センター長、ジャコメッラ・オロフィーノ先生。講題は「チベットのボン教における宇宙創生神話」。

2時半まで研究所で会議をこなし、それから山を下ったので、結局、最後の15分しか聞けなかった。その後、鴨川端の「まんざら」という満更でもないお店で懇親会。V先生は、予め私のやっていることをオロフィーノ先生に説明してくれていたらしく、比較的話がはずんだのであった。

帰宅したのは午前零時過ぎ。私にしては早めに失礼したので、京都で飲んでいて帰りの電車がなくなるという、何年かに一回の失敗は免れることができた。

それにしてもV先生のありがたいことよ。V先生であれば、プライベートなことも心を開いて話せる、というのは私だけではないだろう。それだけ心が広く、思いやりがあるのである。かなり遠いが、あやかる努力はしたいものだ。

ある大学教員の日常茶飯