10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スルタン・アフメット・ジャーミー

2015年09月28日
DSC_0447_convert_20150927164638.jpg
*続いて行ったのが、1616年竣工のスルタン・アフメット・ジャーミー、通称ブルーモスク。ハギア・ソフィアに対峙するように立つこの堂々たるモスクにはミナレットが6本もある。

DSC_0410_convert_20150927164736.jpg
*内部は唐草模様に花柄をまじえたタイルで埋められている。青が基調であることがブルーモスクの名の由来である。ステンドグラスからの光が堂内を様々な色合いに染めている。

DSC_0412_convert_20150927164824.jpg
*何重にもなったアーチが音楽的な効果を上げている。

DSC_0462_convert_20150927164909.jpg
*これはヌーリ・オスマニエ・ジャーミー(18世紀)。

DSC_0476_convert_20150927164950.jpg
*ヌーリ・オスマニエの近くに有名なグランド・バザールの入口があるが、今日は日曜日なので閉まっている。門の上に付いているのはオスマン帝国の紋章である。トルコ航空機内で007シリーズの「スカイフォール」を見たが、冒頭の「つかみ」のアクションがまさにこのグランドバザールの屋根の上を走り回るバイクのチェイスだった。偶然か、それともサービスのひとつだったのか。

DSC_0485_convert_20150927165037.jpg
*1777年創業の老舗菓子店ハジ・ベキルのエミノニュ支店。ここでロクムをお土産に買った。ゆべしを甘くしたようなもので、ナッツ入りがなかなかいける。トルコはお菓子がおいしい。こういう店があるところに文化の高さが感じられる。

DSC_0499_convert_20150927165211.jpg
*それから金角湾にかかるガラタ橋を渡って新市街へ行く。橋の上は釣り人と観光客と買い物客でごったがえしている。丘の上に見えるのはガラタ塔。

テュネル駅から1区間だけの地下鉄に乗って丘の上に登る。かなりの急勾配を上り下りするこの地下鉄は開業から140年も経っているというから驚かされる。駅を出ると、イスタンブルの銀座通りと言われるイスティクラール通りである。裏通りの店でムール貝の串焼きをさかなに1杯だけビールを飲む。イスタンブルは魚介類が豊富だ。その後、タクシン広場まで行って、エルダル先生と別れ、オルドゥ・エヴィに戻って、長い一日を終えた。
フィールドワークの記録