05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

再び福井に日帰り

2015年08月11日
10日(月)
再び福井市に日帰りした。B照寺から借り出した資料をお盆休み前に返却しておきたいと思ったからだ。前住職さんからは郵送でよい、と言われていたが、それでは自分の気が済まなかった。

逋サ蝓酸convert_20150811001523
*福井城本丸址には県庁と県警の建物がそびえている。城跡には文化やスポーツ関係の施設があるのが普通だと思うのだが・・・業者風の男たちが「登城」している。

11時過ぎに福井駅に降り、かんかん照りの中、福井城本丸址を通って、福井市郷土歴史博物館に向かった。ここにも見たい資料があるのである。一渡り展示を見てから、学芸員を呼び出してもらい、用件を切り出すと、予想はしていたが、手続きのため出直すことが必要であることが分かった。今度いつ来れるかは分からないので、取り敢えず、資料目録を購入するに留める。

譚セ蟷ウ_convert_20150811095327
*幕末の賢侯の一人に数えられた松平春嶽の像。福井市郷土歴史博物館。

城跡まで戻り、議員会館食堂で定食を食べながら目録をチェックしているうちに、博物館の所蔵品目録やウィリアム・グリフィス(明治のお雇い外国人、福井の藩校明新館で教えた)関係の資料も、あれば買っておいた方がよいと思い直し、博物館に戻った。その時には直接関係なくとも、アンテナを広く張って資料を集めていると、意外なところで役に立つものだ。

博物館からB照寺までは、先週乗ったタクシーの運転手さんを電話で呼び出して行ってもらった。御年78歳。話し好きで、福井空襲や福井地震の体験談などをいろいろ話してくれる。

B照寺で借りていた資料をお返しして肩の荷を下ろした。前住職さんは、先週私が来た後も、知り合いに問い合わせて、家系のことを調べてくださっていた。それをありがたく拝聴してから、件のタクシーでお寺を後にした。





フィールドワークの記録