09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

恒例 庭掃除

2015年06月22日
土日に庭掃除をした。
手入れを怠っているうちに、庭がジャングルと化した。昼なお薄暗く、温かく、湿っている。こういう環境は蜂の営巣にもってこいだ。ご近所の手前もある。ついに重い腰を上げた。

初日はサルスベリの枝打ちをした。毎年やっているが、この木は成長が早く、高い枝は、二階のベランダの天井まで届く勢いだ。これはいくら何でもまずかろう。サルスベリは枝も幹ももろい。思い切って、ばりばりと折った。

二日目は、金木犀の上にのしかかり、こんもりと繁っているはごろもジャスミンのツタを引きはがしにかかる。はごろもジャスミンこそ我が家の庭の主であり、そこら中にツタを這わせ、巻き付かせている。
「朝顔につるべとられてもらい水」は情緒があるが、うちのジャスミンの場合、まるでエイリアンのように人間の居住空間まで進入してくるから、放ってはおけぬ。仏教では、草木は非情(心のないもの)に分類されるが、知性がないとはとても思えない。
1時間あまりの作業で、ようやく金木犀本来の枝ぶりが顕れた。今までさぞ重かっただろう。木が喜んでいるようで、私も嬉しくなり、このところ頭を覆っているもやもやも晴れる心地がした。
ある大学教員の日常茶飯