05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

公式行事の一日

2015年03月31日
3月9日(月)は、公式行事漬けの一日であった。朝食を取りにレストランに行くと、真夜中に飛行場に着いた仁坂和歌山県知事が先にきておられた。陽性で闊達な方のようだ。知事とは翌日まで行動を共にすることになる。

午前中はマニ・バワン(ガンディー博物館)を視察した。M.K.ガンディー(マハートマ)は、マハーラーシュトラ州の隣のグジャラート州の出身である。この博物館はガンディーがボンベイでの滞在先として使っていた屋敷を改造したもの。この種の博物館は各地にあって、私は行く度に写真を撮っている。こういうのは授業の教材にうってつけなのだ。今の学生もさすがに「インド独立の父」マハートマ・ガンディー(マハトマ・ガンジー)の名前くらいは知っている。ガンディーを入口にしてインドの歴史と文化を勉強してもらうという授業を私は10年位続けている。マニ・バワンの周辺は、VIPならではのものものしい警備ぶりであった。

次は、在ムンバイ日本国総領事館での昼食会。伊藤総領事を始めとする総領事館の方々に加えて、ムンバイ日本人会の人たちに迎えられた。インド最大の商業都市ムンバイには、日本の大手企業が多数支店を構えている。同じテーブルに座った大手商社の支店長が、たまたま大学の同窓生であった。駐在が6年になるという。インド社会で仕事をする苦労話などを聞いた。

午後は、ホテルのビジネス・センターの一室でアウランガバードから駆けつけたBAMU大学の副学長らと会談。これも仁坂知事が取り仕切ってくださった。

会議終了後、夕食会まで時間があったので、MTDCに車を出してもらって、ヴィクトリア・ターミナス(現チャトラパティ・シヴァジー・ターミナス)を見物に行った。ここまできて、世界文化遺産に登録されたこの有名な駅舎を見ないでは日本に帰れない。

DSC_1236_convert_20150326221637.jpg
*ムンバイのコロニアル建築を代表するヴィクトリアン・ゴシックの殿堂。1887年竣工。
DSC_1235_convert_20150330194616.jpg
車が真ん前に止まったため、近すぎて全貌が捉えられない。不測の事態を考えたMTDCに釘を刺されていたので、建物の中には入らず、車の側で写真を撮って戻った。

夕食会はマラバールヒルにあるマハーラーシュトラ州のゲストハウスで開かれた。州の迎賓館という格の立派な建物だ。主催は州首相、主賓は仁坂知事だった。


フィールドワークの記録