07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

年末の所感2

2014年12月28日
黒田選手がヤンキースやドジャースのオファーを断って広島に戻るというニュースには驚いた。黒田は、味方が打ってくれなくても黙々と投げる姿がいい。野球に趣味のない私でも、黒田が投げるならば、一度広島球場に足を運んでもいいという気になる。呉の戦艦大和ミュージアムと江田島の海軍兵学校跡の見学とセットにして、1泊2日でどうだろうか。

実は年末にでも新潟の旧水上村と赤倉温泉に地元の方の案内で調査に行くつもりだった。ところが、連絡があって、大雪で止めた方がよい、四月にでもどうぞ、とのこと。ああ、温泉につかって雪見酒のはずが・・・

今年度内にパリのギメ美術館に調査に行く予定。問い合わせに親切な返辞がきた。

近々、ムンバイ(旧ボンベイ)にも行くぞ。

山口県萩市では今、他の地方自治体と組んで、萩の城下町や松下村塾、反射炉などを世界遺産に登録しようとしている。名づけて、「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」。大河はそのはずみになると喜んでいるそうな。新島八重よりも無名の人物が主人公なんて、いったいどうするつもりだろうと思っていたが、こうなると応援したくなる。ただ歴史ドラマとしての「平仄」だけは外さないでもらいたい。

先月初め、贈答用の富有柿を買いに九度山に行ったら、もう「真田丸」ののぼりを立てている。高野山麓の九度山は、関ヶ原の合戦の後、真田父子が流された場所。期待するのは分かるが、そう何回も九度山が登場するとは思えないのだが・・・

東日本大震災に際して、スリランカからは約8000万円の義捐金が寄付された。スリランカの物価は日本の10分の1である。所得にはもっと開きがある。この二つを考慮すると、この8000万円がどんなに巨額であるかが分かる。今後とも、インド洋沿いの国々とは仲良くしよう。

ある大学教員の日常茶飯