10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

雑誌を見にまた龍谷大学へ

2014年11月24日
21日(金) 
また雑誌を調べに龍谷大学図書館に行った。これにはたっぷり時間がかかるので、今回は1泊2日の日程を立てた。京都は観光シーズンまっただ中で、ホテルはどこも満員の気配だったが、奇跡的に部屋が取れた。

DSC_0792_convert_20141123204420.jpg
*修復中の東本願寺御影堂門の中から御影堂を見る。この建物は、高さでは東大寺大仏殿に劣るが、面積では上回っている。世界最大級の木造建築だ。幕末に禁門の変で焼失したが、明治になってから隣の阿弥陀堂と共に再建された。両堂再建の工事現場は京都の新名所で、巨材の引き綱には、老若男女が献納した頭髪と麻をより合わせて作られた数十本の毛綱(けづな)が用いられた。この毛綱、大きいものは長さ110メートル、太さ40センチメートル、重さ1トンに達したという。これを無数の人夫が引く様は、確かにすごい見ものだったろう。東本願寺では、ちょうど21日から報恩講が始まった。

22日(土)
午前10時から京都駅中の喫茶店で、来年3月から南方熊楠顕彰館で開かれる特別展「南方熊楠と真言密教」の企画の打合せを行う。原稿の執筆、とりまとめ、パネルの作成、物品の借り出しなどをスケジュール化すると結構忙しいことが分かったが、最近、ウチの若い衆が元気なので、何とかなるだろう。

終わって、K田君と興正寺会館まで行ってランチを食べてから、龍大の図書館に戻り、閉館時間の5時まで頑張って、大宮孝潤のインド留学関係の資料収集に何とか目処を付けた。それにしても、龍大の図書館はとても親切だ。

ある大学教員の日常茶飯