08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

K-GURS研究会

2014年07月20日
19日(土) 13:00から龍谷大学大宮学舎清風館で開かれたK-GURS宗教研究会で司会を務めた。
テーマは昨年度に引き続いて「宗教多元時代における宗教間教育」。発表者とコメンテーターは次のようであった。
発表者
小原克博(同志社大学)「宗教間教育とは何か-その必要性と課題ー」
安永祖堂(花園大学)「宗教間教育の可能性を考えるー単位互換科目の現場からー」
那須英勝(龍谷大学)「宗教間教育の実践とその評価ー海外の事例との比較を通じて-」
コメンテーター
白山芳太郎(皇學館大学)

どの発表も整理されていて分かりやすかったし、コメントは4番目の発表といってよいほど力がこもっていた。思ったほど人が集まらなかったのがもったいなかったが、この内容がほぼそのまま、9月に同志社大学で開かれる日本宗教学会のK-GURSのワークショップになるので、反応はその時のお楽しみといったところ。




 
ある大学教員の日常茶飯 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示