09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ダライ・ラマ法王記念講演 質問の時間

2014年04月28日
今回は司会は勘弁してもらいたい、というのが私の希望だった。前に書いたような事情に加えて、今回はプロのアナウンサーに影でアナウンスをしてもらうことになっている。司会者がなすべきことはほとんどないはずである。

ただ問題は質問の時間であった。ダライ・ラマ法王は、講演時には必ずといってよいほど質問時間を取られる。今回の記念講演でもそれがあると考えた方がよい。ただそれがどのようなタイミングで始まるかは、その時になってみないと分からない。それを決めることができるのは、法王様ご自身だけである。

これが完全にフリーで質問を受けるということならば、マイクを廻す準備だけをして待てばよい。だが私には一つの思いがあった。うちの学生、生徒に法王様と直接言葉を交わす体験をさせてやりたい。

せっかく高野山大学で開くのである。高野山大学生、高野山高校生、専修学院生を優先することは、許されてよいはずだ。こういう訳で質問が3つ用意され、そのメモが学長から通訳のマリア・リンチェンさんに渡された。あとは法王様とマリアさんにすべてお任せである。大船に乗った気分で、私は私の席に着いた。15日の8時半頃のことである。

闃ア逾ュ_convert_20140428084322
*【国宝】誕生釈迦仏立像(東大寺)のレプリカに甘茶をかける女の子。「東大寺」展が開かれているあべのハルカス美術館前で(本文とこの写真は直接関係ありません)
高野山大学の力