09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

K-GURSシンポジウム「信仰が生み出す美」

2014年01月30日
25日(土)、13時より龍谷大学大宮学舎清和館でK-GURS公開シンポジウム「信仰が生み出す美-仏教・神道・キリスト教に見る宗教と芸術の多彩な交差-」が開かれた。4人の講師が仏教、神道、キリスト教の芸術を紹介する、なかなか贅沢な催しであった。講師と演題は次の通り。
眞鍋俊照(四国大学)「日本における密教の修法と仏像・仏画」
入澤崇(龍谷大学)「利他の芸術」
錦田剛志(島根県神社庁参事)「神社建築の様式と美の起源-神話から歴史へ-」
小原克博(同志社大学)「キリスト教美術の起源と展開-西洋と日本を視野に入れて-」

眞鍋先生は言わずと知れた密教美術の大家。短い時間でやっていただくのがもったいない内容だった。ちなみに去年7月の評議会で、眞鍋先生を是非に、と発言したのは私だ。
入澤先生は龍谷大学ミュージアムの館長。ガンダーラ出土の仏像の新解釈なども示され興味深かった。
錦田先生からは基本的な知識を授けていただき、今度から神社建築を見る目が少し変わる気がした。
小原先生の話は、いくら何でもキリスト教美術の歴史を30分でどうやって話すのだろうと思っていたが、結構まとまっていたから、さすがのものである。

終わって、受付で配られていた特別割引券を持って龍大ミュージアムに行ったら、入澤先生にばったり出会い、おかげで図録をただでもらえた。

この催しが終わると、今年度のK-GURSの活動も3月の評議員会を残すのみである。そろそろ評議員を別の人に替わってほしいのだが。

注目
来週の月曜日か火曜日、高野山大学のHPでとても重要な告知があります。実はそれは…クックック…言いたいが、まだ言えない。


ある大学教員の日常茶飯