09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

高野山米国別院

2013年10月29日
IMG_0658_convert_20131028160819.jpg
*日本の小学校の校庭からはとっくに姿を消したこの人がリトルトーキョーを闊歩していた。相変わらず薪を背負いながら、本を読んでいる。偉いねえ。

10月7日(月)
朝、フロントにタクシーを呼んでもらうと、やってきたドライバーは大阪出身の純日本人男性だった。行く先を聞いて、彼、「何でしたら、3時間150ドルでサンタモニカ、ビバリーヒルズ、ハリウッドを回るというのはどないでっしゃろ」ともちかけてくる。
ハリウッドに行くだけでも7,80ドルかかるというから、3時間150ドルにはお得感がある。それにリトルトーキョーを訪ねるのは午後からの方がいいだろう。最後にリトルトーキョーで降ろしてもらうことで話がまとまった。

月曜日の午前中、それも渋滞時間を過ぎた頃だったので、タクシーはすいすい進んだ。ドライバー氏の話では、最近の日本人は以前のように団体旅行をしなくなった、今団体で来るのは第一に中国人だという。

そうしているうちに車はサンタモニカに入る。

IMG_0541_convert_20131027134426.jpg
*サンタモニカ・ピアの突端。♪きた、きた、きた、きた、サンタ…♪
IMG_0557_convert_20131023230532.jpg
*ルート66の標識に「フォレスト・ガンプ」を偲ぶ。背景の建物はシーフード・レストランで、名前は「ババ・ガンプ・シュリンプ・コーポレーション」とある。おおい、映画そのままじゃないか。

ビバリーヒルズに入るとドライバー氏が要所要所で解説してくれる。
「このビバリーヒルトンは、ホイットニー・ヒューストンが亡くなった場所ですわ」
「このウィルシャー・ホテルは、『プリティーウーマン』のロケに使われた場所で・・・」
「この庁舎の地下に『ビバリーヒルズ・コップ』に出てくる警察署が・・・」
「この通りがサンセット・ブルヴァード(「サンセット大通り」のサンセット大通り)でして・・・」

チャイニーズシアターの横で降り、車が30分ほど余所に行っている間に、急いでそこいらを見て回る。

IMG_0604_convert_20131027175450.jpg
*ウォーク・オブ・フェイム
IMG_0599_convert_20131027215413.jpg
*マイケル・ジャクソンの手形・靴跡
IMG_0601_convert_20131028101746.jpg
*ドナルドダックの足形。やっぱり水かきの形だね。

それからリトルトーキョーに行ってミヤコ・ホテルの前で降ろしてもらう。超過料金にチップを上乗せして締めて205ドルであった。

IMG_0682_convert_20131027220446.jpg
*高野山米国別院

別院に顔を出すと、「先生方は会合で出かけていて2時過ぎに戻る」ということだった。また来ることにして、先に1st Streetの向かい側の日系人博物館に向かう。ところが、何ちゅーことか、今日は月曜の定休日。阪南大学の守屋先生にここでの資料調査を勧められていただけに、2日連続の休みにはがっかりした。また来いということなのだろう。

IMG_0620_convert_20131028091141.jpg
*博物館の裏手には、第2次大戦中の日系人部隊の記念碑がある。主にヨーロッパ戦線に投入された彼らは、敵だけでなく、味方の差別や偏見とも戦わなければならなかった。しかも彼らの留守家族の多くは強制収容所に収監されていたのである。だからこそ忠誠心を示すために一層勇戦し、多くの死傷者を出したのが悲しい。碑文には「当たって砕けろ(Go for broke)」という彼らのモットーのほかに、「二世は無数の命を救い、戦争を二年早く終わらせた」という言葉も見える。

IMG_0651_convert_20131028155747.jpg
*二世部隊が日系アメリカ人の過去の英雄なら、現代の英雄はこの人。1986年1月、スペースシャトル・チャレンジャー号の事故で殉職したハワイ出身のエリソン・ショージ・オニヅカ大佐だ。リトルトーキョーには彼を記念したオニヅカ通りがある。

気を取り直して西本願寺別院(本派本願寺羅府別院)に向かう。実はロスに来た最大の目的はここを訪ねて、川上貞信の資料を探すことにあった。川上貞信は熊本出身の本願寺派僧侶で、セイロン、インド、ビルマ、中国、アメリカと行動半径が大きかった人物である。私はこの人を10年以上も追いかけている。アメリカ西海岸には最初開拓でやってきて、それからロサンゼルスで布教に従事した。私の手元には、彼の、どうみてもアメリカ時代に違いない写真があるので、そのコピーを持参した。

事務所で案内を請うと、開教師のN田先生が出てきてとても丁寧に応対して下さった。N田先生はさらに私にM山さんという、この種の資料に詳しい日系人女性を紹介してくださった。M山さんとはメールをやりとりしただけだが、また親切な人で、帰国後もメールでいろいろ教えてくれた。お二人のおかげで分かったことが大分ある。いずれきちんとした形で報告できるだろう。

その後、頃合いを見計らって再び高野山別院に行くと、加古啓真君がニコニコしながら出迎えてくれた。加古君は高野山大学の出身で、駐在開教師としてロスに赴任して3年目だ。この別院の前監である宮田諦詮先生にもご挨拶する。偶然にも加古君はガーデナ地区の私がいるホテルの近くに住んでいたので、彼の仕事が終わる6時半までリトルトーキョーを巡りながら待って、彼の車でホテルまで送ってもらった。

リトルトーキョーで2回和食を食べたが、量だけ多くてあまりおいしくなかった、と私が言うと、加古君はやや憤然として、ロスにもおいしい和食の店がありますよ、と主張する。そこでガーデナ地区の彼が推奨する店に案内してもらって、いっしょに夕食を取った。確かに味はなかなかであったが、それより、若手の真言宗僧侶にいろいろと抱負を聞くことができたのがよかった。

10月8日(火)
早起きしてフロントでホテル代を払い、5時半に予約してあったタクシーで空港に向かう。入国時には指紋と顔写真を取られたが、出国手続きは実に簡単であった。チェックインカウンターで自動チェックイン機にパスポートをかけると、ボーディングパスが出てくる。あとはスーツケースを預け、バッゲージクレイムタグをもらって終わり。早く行き過ぎて時間が余ったので、空港内で朝食を食べたり、土産物を物色したりして過ごす。

ロサンゼルスからサンフランシスコまでは1時間半ほどかかった。サンフランシスコ空港は今回訪れた中では一番忙しそうな空港だった。乗り換え時間は1時間10分しかない。
この乗り換え時間の少なさが事前の心配の種だった。飛行機が20分やそこら遅れるのは珍しいことではない。下手をするとボーディングタイムが過ぎてもまだ空港内をうろうろしていることになりかねない。そこで念のため私の知る二人のアメリカ人に聞いてみた。
コロラド・カレッジのガーデナー氏「ピストル(治安)よりも乗り遅れる方が恐いよ」
本学のドラさん「ボクの知り合いが昔サンフランシスコ空港の中を荷物をかかえてマラソンしたんですよね」

いずれも、私がほしかったのとは逆の答えである。だが、結局、飛行機は時間通りにサンフランシスコに着き、私は特にまごつくこともなく国内線から国際線の所定のゲートにたどりつき、お土産の免税品もちゃんと確保できたのであった。

11時半、関空行のユナイテッド機が離陸。うつらうつらしたり、映画を「ローンレンジャー」「ワールドウォーZ」「今そこにある危機(Clear and Present Danger)」と3本も見たり、機内食を食べたりしているうちに飛行機は日付変更線を越える。関空に降り立ったのは9日の午後3時半だった。(この話題はこれでおしまい。ふーッ)

















フィールドワークの記録