05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

余韻にひたっている暇はない シンポジウム2日目 

2013年09月30日
22日(日)は9時に開始なので早出して、前日と同じようにバスで人文研に行った。3連休の中日で、「客足」が心配されたが、それなりに集まってくれた。この日の3つの講演についても詳しく紹介したいが、明後日からアメリカなのでゆっくり書いている暇がない。予めチラシ用に書いてもらった講演要旨をもって代えることをお許し願いたい。

ランジャナ・ムコパディヤーヤ先生(デリー大学東アジア研究科)「グローバル化の時代におけるエンゲイジド・ブッディズム(「社会参加仏教」)
 エンゲイジド・ブッディズムは、グローバル化が進行する中で、次第にその地域的・文化的な特殊性を超えて、世界平和、人権、環境など普遍的な課題を標榜するトランスナショナルな運動に発展しつつある。その様相を検討する。
コメンテーターは守屋友江先生(阪南大学国際コミュニケーション学部)

山下博司先生(東北大学大学院国際文化研究科)「グローバル化のなかのヒンドゥー教」
 インド人の国外進出は、労働移民の時代から近年のIT技師の流出まで、多様なフェイズを経てきた。移民活動には仏教も随伴する。タミル系ヒンドゥー寺院の世界展開を軸に、「ヒンドゥー教」の今を考える。
コメンテーターは田中雅一先生(人文研)。

川橋範子先生(名古屋工業大学大学院)「『フェミニズム』と『仏教』の接触-トランスナショナルナ視線」
 ジェンダーあるいはフェミニズムの視点と「女性の視点」は同義ではない。フェミニスト仏教が可能であるならばどのような形を取るのか。欧米はアジアの女性たちの取り組みを補助線に、想像を試みる。そのなかで、エンゲイジド・ブッディズムからジェンダーの視点が欠落する理不尽さについても、述べてみたい。
コメンテーターは同じく田中先生。

全日程が終了したのは4時頃だった。最後に私がまとめならぬ謝意を述べて締めくくりとした。ちょっとスリリングな出来事もあったが、全体的にはスムーズな運営ができたと思う。お世話になった方々、特に京大の事務スタッフには厚く御礼を申し上げたい。

翌23日午前10時、打合せのためランジャナさんのホテルを訪ね、2日前に約束した資料調査のため大谷大学図書館に向かう。調査には長時間を要したが、寛容な大谷大学図書館スタッフに助けられた。ランジャナさんとは地下鉄の中で別れ、堺の自宅に帰り着いたのは夜の10時過ぎであった。

さてさて、最初に書いたとおりで、今は専ら発表のための準備で忙しい。スーツケースが長年の酷使でいつのまにかひび割れていたので、昨日泉北の店を回って買い換えた。明日は少し静かにしていたいので、出発前はこれが最後のアップロードということにしたい。帰国は9日です。

研究ノート