09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

来聴歓迎 9月の人文研国際シンポジウム!

2013年07月31日
笳上げ繝ュ繝シ繝舌Ν蛹悶☆繧区€晄Φ繝サ螳玲蕗繝サ繝サ繝√Λ繧キ陦ィ蜈・遞ソ_convert_20130731170156

9月の人文研国際シンポジウムのチラシができた! この機にその内容を紹介し宣伝に努めたい。

このシンポジウムは、今年3月まで2年9ヶ月にわたって行われた人文研公募研究プロジェクト「グローバル化する思想・宗教の重層的接触と人文学の可能性」(通称奥山班)の成果の一部を発表するために企画された。今回は特に宗教を共通のテーマとし、仏教・ヒンドゥー教などの伝播や変容について論じてゆく。具体的には次の5つの講演を柱として討論を積み重ねる予定である。

9月21日(土)13:00~18:00

陳 継東(青山学院大学教授)「釈迦の原典を探す―近代仏教学の形成と日中仏教者の交流」

ミシェル・モール(ハワイ大学准教授)「ユニテリアンと日本仏教の接触―明治・大正時代に於ける普遍的真理の摸索とその挫折より学べるもの」

9月22日(日)9:00~16:00

ランジャナ・ムコパディヤーヤ(デリー大学准教授)「グローバル化の時代におけるエンゲイジド・ブッディズム(「社会参加仏教」)」

山下博司(東北大学教授)「グローバル化のなかのヒンドゥー教」

川橋範子(名古屋工業大学准教授)「『フェミニズム』と『仏教』の接触―トランスナショナルな視線」

で、私は司会進行、趣旨説明、コメンテーターの役を演ずる。

どうです。なかなかのものでしょう。快く講師役を受けてくれた皆さんにまずは深い感謝の意を捧げます。講師と講演内容についてはだんだんに紹介して参る所存です。





高野山大学の力